ノブ熊の子育て!ノブ熊のアウトドアライフ!毎日忙しい生活の中で、ノブ熊パパが感じたことを紹介。パパの子育てのコミュニティーになればと思ってます。
現在の閲覧者数:
welcome ノブ熊パパの子育ては豪快に行こう!! !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

[[子供の学習]]子供にも救急救命を教えようかな
今日、興味深いニュースを見つけました。

「小6、父救った心臓マッサージ」

皆さんも"心臓マッサージ"という言葉は、聞いたことがあると思いますが、実際にそういう場で使ったことがあることはないのではないでしょうか。

私も、経験はありません。


地域の消防署や市役所などでは、"救急救命法"などの講座が開かれていることもあると思いますが、ぜひ参加して見てください。

私も会社の防災隊の"救護班"に当たっている関係で、会社の保安と地域の消防署が実施してくれる講座に参加したことがあります。

実際に講座を受けて、"心臓マッサージ"や"人工呼吸"などを人形を使って実践訓練したことがあります。(ちなみに、最近はAEDの使用方法の訓練も行われるようになってきました。)

これが、結構大変で、救急車が到着するまでの想定時間を5分として、その間、ひたすら"心臓マッサージ"⇔"人工呼吸"を繰り返し実施します。


"心臓マッサージ"では腕をまっすぐにして、あばら骨が折れるのではないかというくらい強く押し続けなければ、人形横の信号が赤色に点滅し警告されるので、注意しながらになります。

10回繰り返せば、今度は"人工呼吸"、人形の胸が盛り上がるのを確認しながら、息を吹き込みます。
これも、息が弱い、鼻のつまみが弱くて息が抜ける、あごが上がらず気道の確保が不十分だと、また、人形横の信号が赤色に点滅し警告される仕組みになっている。

終わったころには、汗だくになっていて、くたくたになってしまいます。


こんなことまでは、子供に教えてもなかなか、わかってもらえないかもしれません。
しかし、少しでも救命救急の知識があれば、いざというときに何かしないといけないと感じて、ニュースにあるように、消防隊の指示に従ってできるのではないでしょうか。
きれいにできなくても、心臓をポンプのように押して血液を少しでも送り続ければ、臓器には酸素が行き届き、蘇生につながるとのことです。

まあ、今まだ5歳と3歳なので、よくわからないかも知れませんが、今から徐々に教えておこうかなと感じたニュースでした。
スポンサーサイト
category : 子供の学習  comment : 0  track back : 0

thema:パパ育児日記。 - genre:育児















 

trackback URL
http://nobubear.blog91.fc2.com/tb.php/7-ae7e25d8
trackback
プロフィール

ノブ熊

Author:ノブ熊
毎日遅くまで会社にいるため、小熊と遊べないパパ熊。
しかし、休みの日は、積極的に子育てしてます。

<<パパ熊>>
1970/06/06 生まれ
職業:エンジニア

<<ママ熊>>
xxxx/05/14 生まれ
別名:モニターニャ

<<ショウ>>
2003/09/12 生まれ
性別:男
学年:幼稚園児 年長
性格:優しい、まじめ
嫌い:ジェットコースタ
    トマト

<<マサ>>
2005/10/19 生まれ
性別:男
学年:幼稚園児 年小
性格:わんぱく、わが道を行く
嫌い:なし

月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。